妊活サポートをリニューアルしました!!

当院では、妊活サポートも実施しているのですが10月から内容をリニューアルしました!

ぜひ内容をご確認ください。

 

当院の妊活サポートは、栄養対策に特化しています!

せっかくなので、内容をご紹介しておきますね!

3ヶ月サポートで、

・最初と最後の2回、55項目の血液検査を実施し栄養状態を分子栄養学的に確認

 

有害重金属の蓄積状況やミネラルバランスオリゴスキャンでチェック

 

・毎月、食事やサプリメントの指導を実施食べ方を見直し栄養状態の改善をサポート。

 

ホリティカルハーブテント温活&デトックス
 素敵な香りのオーガニックメディカルハーブの蒸気を浴びていただきます。

 

*ハーブテントだけのご利用も可能。(税抜)5,000円

 

お一人分あるいはご夫婦のプランがあります。

なんと約半数は男性不妊なのです。

ですから、ご夫婦で栄養対策にも取り組んでいただくのが理想です。

とりあえず赤ちゃんが生まれればいいのではなく、元気に誕生し健康に育って欲しいと願っておられるはずです。

お子さんの一生、家族の一生が関係していますから、ご夫婦のライフスタイルから見直す良い機会にしていただけたらと思います。

 

良くない栄養状態だと何が起こるか

栄養療法では「妊活」と言っても、もう一つの命を育める健康な体にしていくということですから、何か特別なことではありません。

でもそれがうまくできていないと、

・着床しない

・不育症

・化学流産

・切迫流産

・ひどいつわり

・産後うつ

・お産時の大量出血

・産後の肥立ちが悪い

・夜泣きがひどい

・発達障害

・子供の落ち着きがない

と言った、困ったことに悩まされるケースが増えます。

不妊治療の不都合な真実

日本は、不妊治療の実施数が世界一。技術力も高いのに成功率は異常に低いというのが現状。体外受精の成功率も2割から3割とされています。

なぜそんなことになってしまうのか・・・。

それは、子宮だとか、精子だとか、ピンポイントに目をむけすぎて、そもそもの身体の生化学的アンバランスに目を向けてこなかったからではないかと考えています。

産婦人科での不妊治療をただ長引かせて、お金と時間を無駄にしないためにも、まずは栄養療法から取り組むと言うのが当たり前になっていくといいなと思っています。。

これは、日本の深刻な少子化問題にも直結する問題です。

不妊治療だけでなく、そのための栄養療法にも補助金が出るとか、そのくらいの対応があって良いのではないかと思えてなりません。

 

⭐️当院では、定期的に無料の相談会やセミナーを開催しておりますのでぜひご利用ください。

(執筆:分子栄養学カウンセラー大野真理)

 

イベントのお知らせ!

日時:11月25

日 10時30分~12時00分 参加費:無料

オーダーメイドの食べてダイエット!
遺伝子栄養セミナー

栄養素で代謝を上げることが可能ですが、そもそも遺伝的に脂質の代謝が苦手だとか糖質の燃焼力が弱い・・と言ったことがわかれば、それに応じた「食べ方」や「運動の選択」が変わってきます!

自分の取り扱い説明書となる遺伝子。それに栄養指導を掛け合わせた面白い検査があります♪

実際のデータを見ていただきながらご案内します!楽しみにお越しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事