院内セミナー情報はこちら

老化が気になるなら糖化を食い止めよう! AGEスキャナー終末糖化産物測定器を導入しました!

しみ、しわ、たるみ、目に見える老化のサインにはがっかりさせられます。できることなら、その老化を少しでも食い止めたいものです。

老化の原因の一つといえば・・・

そう、終末糖化産物(AGEs)です!

終末糖化産物(AGEs)とは・・

終末糖化産物(AGEs)とは何かというと、ざっくり言うと体内の糖がタンパク質・脂質などのアミノ基と反応を起こしてつくられる老化物質です。

AGEsは生きていると誰でも溜まっていくので、年齢との相関性が非常に高いのも特徴的です。つまり歳を取れば取るほどAGEsは溜まります。

AGEsは体内の組織や血管壁に少しずつ溜まっていき、老化を促進しあらゆる病気のリスクを高めてしまいます。

コラーゲンにAGEsがたまると、茶色く変色して固く変化し弾力を失うことでくすみやしわ、たるみの原因になりますし、血管に溜まると血管が硬くなり動脈硬化の原因になります。

他にもAGEsは、糖尿病、メタボ、腎障害、心血管疾患、がん、アルツハイマー、骨粗鬆症、更年期障害、歯周病、脂肪肝、筋力の低下、老け顔など多岐にわたる生活習慣病や老化と関連することが報告されています。

糖化のイメージとしてわかりやすいのは、パンケーキです。パンケーキも糖質とタンパク質が結合したものです。これに熱を加えるとこんがり焼き目がつきます。一度焦げたものは元に戻すことはできませんよね。それと同じで一度たまったAGEsを元に戻すことは難しいと言われています。

ですから、とにかく糖化しないようにしたいものです。では、何が要因で糖化反応が起こるのでしょうか。

AGEsの要因と対策

①糖質の摂りすぎ、高血糖や血糖値の乱高下

コロナ禍でお家時間が増えたことでお家でスイーツ作りが流行りました。これからは、外にでれるようになったので、またさまざまなスイーツが流行ることでしょう。

しかし、AGEsを溜めたくない方は、グルコースやフルクトースのような担当はなるべく控えましょう。またお食事は肉、魚、豆類や、野菜をたっぷり食べて、炭水化物は控えめ(自分のこぶし一つ分)にしてゆっくりよく噛んで食べましょう。

②活性酸素を避け、抗酸化する!

糖化したタンパク質は、活性酸素の影響をうけることでAGEsに変化します。ですから、酸化を防ぐことと、抗酸化力を高く維持することが課題になります。

活性酸素を過剰に発生させる主な要因は、ストレス、飲酒、喫煙、紫外線、放射性物質、有害重金属、排気ガス、大気汚染、医薬品、農薬、激しい運動、肥満、痩せすぎ、睡眠不足などです。

また、すでに酸化した食べ物をたべることもダメージにつながります。特に酸化しやすい食べ物といえば油です。ですから質の悪い(酸化した)油で揚げたものを食べるのなんて最高に最悪な訳です。

古い油や、揚げてしばらく経ったものは極力避けましょう。

そして、酸化から身を守ってくれるものを活用していきましょう。

抗酸化酵素SOD、グルタチオン、カタラーゼなど体内で合成されるものーこれらを活性化するためにミネラルが必要です(亜鉛、銅、鉄、マンガン、セレニウム、ゲルマニウムなど)

抗酸化物質ビタミンC、E、A、ポリフェノール、アスタキサンチン、カテキン

③調理法によっては食べ物からAGEsが入ってくる

タバコや揚げ物、加工食品が代表的な外因性のAGEsです。強い火力や調理時間が長いほどAGEsは増えていきます。

AGEsが低いものから書いていくと

生 → 蒸す・茹でる → 煮る → 炒める → 焼く → 揚げる

という順になります。これまで、炒め物や揚げ物が多かった方は、蒸料理やスープ系(鍋物)の回数を増やしてみてはいかがでしょうか。

例としては、焼肉はしゃぶしゃぶに、餃子は焼かずに水餃子に、肉野菜炒めは肉と野菜の蒸物に。

先日伺ったアゴ出汁のお料理を出すお店で、蒸したお肉とお野菜をアゴ出汁につけて食べさせていただきましたが、絶品でした。蒸し料理はおいしいですね!

電子レンジで蒸し料理をする方も多いかと思いますが、電子レンジでの調理もAGEsが増えやすいそうです。特に10分以上の長時間調理や何度もレンジで温め直すのは控えましょう。

糖化を防ぐ食品

さまざまな研究が進んで、糖化を防ぐ食品や素材がわかってきました。

・ブロッコリースプラウト ・まいたけ ・ノニ ・レモン
・オクラ ・ドクダミ ・カモミール ・アーモンド など

ぜひ日頃の食事に取り入れていきましょう。

AGEsを測定してみよう!

いつまでも健康で若々しくいたい方は、自分のAGEsがどれくらい進行しているか気になりますよね!

天神ホリスティックビューティークリニックでは、AGEs測定器を導入しました。

自分の腕にこのスキャナーを当てるだけで、瞬時に糖化年齢を測定することができます。

税込2200円ですので、ぜひお気軽に測定しにいらしてください。

*当院は予約制のため事前にお電話ください。尚、初診料は不要です。

(執筆:分子栄養学カウンセラー大野真理)

ABOUT US
橋本 知子
臨床分子栄養医学認定指導医 、高濃度ビタミンC点滴療法認定医、 アロマテラピーインストラクター、 ハーバルセラピスト、日本医師会 産業医、 日本医師会認定スポーツ医 【所属学会】 臨床分子栄養医学研究会 日本抗加齢医学会 交際抗老化再生医療医学会 点滴療法研究会 国際オーソモレキュラー医学会 日本アロマテラピー学会 日本内科学会 日本糖尿病学会 日本内科分泌会 【経歴】 平成3年 金沢医科大学卒業 平成3年 久留米大学 第4内科入局 平成4年 東京博慈会記念病院勤務 平成6年 末永病院勤務 現在に至る