有機酸検査のご紹介

有機酸検査って聞いたことありますか?

この検査は、栄養療法でよく使う検査の一つです。

得られる情報がとても多いのですが、一般的にはあまり知られていない、ちょっとマニアック寄りの検査。

今日は、「有機酸検査が気になるけど、これって何?」という方向けに、簡単にご紹介していきます。

 

有機酸検査とは

アメリカにあるグレートプレーンズ研究所が提供している尿検査です。

尿の中には、代謝によってできた代謝産物(有機酸など)が含まれます。

これらの量を調べることで、「脳・腸・ミトコンドリアの状態」を詳しく知ることができるのです。

では具体的に、どんなことが分かるのでしょうか?

 

有機酸検査で分かること

 

脳・腸・ミトコンドリアの状態」を推測するために調べるのは、全部で77項目。

77の検査データから分かることは、例えばこんなこと達です。

  • 腸内悪性菌の増殖の有無
  • ATP産生回路がうまく回っているか/どこで止まっているか
    (→ミトコンドリアの状態や、有害物質の有無とも関連します。)
  • 神経伝達物質のバランス
  • シュウ酸溜まっていないか
  • 脂肪酸の代謝
  • アミノ酸代謝
  • メチレーションの状態

 

より詳細に知りたい方のために、検査項目(カテゴリ名)も一応載せておきますね。

イーストと真菌マーカー  バクテリアマーカー  クロストリジア菌マーカー  シュウ酸塩代謝物
解毒回路の代謝  ミトコンドリアマーカー(クレブス回路代謝物、アミノ酸代謝物)
フェニルアラニンとチロシン代謝物  トリプトファン代謝物  ピリミジン代謝物
ケトン&脂肪酸酸化  栄養素マーカー  解毒の指標物質  アミノ酸代謝物  ミネラル代謝物

 

実際に受けてみました

 

参考に、わたし自身(栄養カウンセラーの宮野)が7月頃に受けたときの感想をシェアします。

一番の発見だったのは、糖質の代謝がうまくいっていないということ。

わたしは普段からふつうに糖質を摂っているのですが、それにもかかわらず、糖質を摂らずにケトンをエネルギー源にしている人みたいなデータだったんです!

実はもともと血糖値の調節は苦手だったのですが、血糖値自体は、食事でコントロールできるようになっておりました(リブレのデータ、自分の体感などから判断)。

だからもう大丈夫だと思っていたのだけど、この検査を受けたことで、

血液から細胞の中に糖質を入れることが、イマイチうまく出来ていない可能性が出てきました。

いわゆるインスリン抵抗性ってやつが潜んでいそうです。

これが続くと糖尿病......。

血液検査はA判定で、まだまだこれが血液に表れるレベルではないのですが、逆に血液検査で指摘されるようになった時には遅いので、今のうちに分かって良かったです。

改めて気を付けようと気持ちを新たにし、それと同時に、何を重点的にやるべきかがハッキリしたことを嬉しく思いました。

 

検査を受けた方の多くは、わたしのように、他の検査だけでは分からなかった新たな発見があったりして、現状がよりハッキリします。

そして現状が分かると、それに対して何を重点的にやった方がいいか、より適切な判断ができるようになります。

(橋本院長自身が、総合的に判断してアドバイスしております。)

 

有機酸検査の受け方

 

尿の検査なので、超簡単です!

1)尿を採って検査容器に入れる

2)冷凍庫に3時間以上入れる

3)検査依頼書に必要事項を記入して

4)尿と一緒にゆうパックで送る

「冷凍庫に入れるのにちょっと抵抗がある......」という方は、袋で何重にも包んでみてはどうでしょう?

もちろん蓋をきちんと閉めていれば、漏れることはありません。

あ、女性は、生理の時期は避けて下さいね。

 

有機酸検査は、受けた方がいいのか?

 

腸、脳(精神面)、ミトコンドリア(エネルギー産生)あたりが引っかかっていそうな方は、有機酸検査を受けてみる価値があります。

 

上でも書きましたが、そもそも、現状が明確になるほど、適切な手段が選びやすくなります。

そういう意味では、今の自分を表す情報は、沢山あればあるほど良いのです。

 

とは言え、たくさんの検査を全部し尽くす必要はありませんし、検査するとしても、有効な順番があります。

今の自分はどの検査を受けた方がいいか、まずはそこから是非ご相談ください。

優しい女性の院長が直接、相談にのります。

 

イベントのお知らせ!

日時:8月10

日 15時00分~16時30分 参加費:無料

【分子栄養学】免疫アップ相談会
&腸内環境を整える3つの秘訣

コロナ禍で最も重要なのは自己免疫の状態を良くしておくことです。

免疫を整えたいと思う人にとっては、腸が要となります!なぜなら、免疫細胞の7割は腸に集中しているからです。

そこで、皆さんのお悩みにお答えする相談会の後に、腸内環境を整えるために抑えていただきたい3つのことを30分ほどお話しさせていただきます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事